SiteNEWSで注目記事をクリップ

 最近ソーシャルを冠したブックマークサービスが日本でもいくつか始まってにぎわっていますが、SiteNEWSでも、ちょっとそれっぽいことができます。タグがないのでFolksonomyとは呼べないんでしょうけど、クリップした記事のURLで他の人と緩やかにつながることができたりします。

 右サイドバーにリンクしてみました。RSSと書かれているものもありますが、IEやFirefoxだとXSLTで整形表示されます。

 一番上の注目記事が、私のクリップした記事。SiteNEWSからのお知らせも含まれています。

 次のURLつながりが同じURLをクリップ、コメントした人の記事です。
このボタンは、madokaさんが作ってくれたのを勝手にもらってきてしまいました。(madokaさん、勝手に使ってゴメンナサイ!)

 さらにその下のSiteNEWS新着は、SiteNEWSにコメント付きで投稿された記事の新着100件です。ほとんど私の投稿ですね。ご自分のサイトから、RSSを配信されている方の投稿も含まれています。

 SiteNEWSの更新情報は、SiteNEWSの更新お知らせRSSです。

 機能的には「抜粋およびコメント機能について」というfacetさんの記事に近いんじゃないかと思います。検索機能とかはないんですけどね。

 SiteNEWS投稿用のブックマークレットはこちら

 できるだけ今のシンプルさを保ったままで、改良を加えていきたいと思ってます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

LiVEMARK使ってみました

 はてなブックマークの注目エントリLiVEMARKというソーシャルブックマークサービスがあるのを知りました。ちょっと気になったことをメモします。

  1. はてなが10日でライブマークが8日なんで2日勝ちました!(ヤッター)開発者のブログにありますが、alphaなのでちょっと微妙かな?はてなもbetaなので正式サービスの開始で競った方が良いと思う。

  2. ブックマークレットの名前が「Mark It!」でかぶっていた。(どうでもいい)

  3. タグにスペースを入れると分割された。
    (入力欄が複数あるから大丈夫なのかと思った)

  4. 現時点で、はてなより面白いと思う。 普通にコメントやタグが使えまるし、足跡機能もある。 普通の人がイメージするオーソドックスなソーシャルブックマークサービスなんでしょう。

  5. 複数のタグをandじゃなくてorで束ねて表示したい。

使うかどうかわからないけど、とりあえず注目しているタグはチェックさせてもらいます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ココログでもhtmlArea - htmlArealet

 以前紹介した、htmlAreaブックマークレットを改造。

 htmlAreaは、テキストエリアをHTMLエディタに改造するツールです。ただし、サーバに組み込む必要があるので、ココログのようなレンタルのブログでは利用できませんでした。

 これを改造してサーバに組み込まずに利用できるようにしたのが、「htmlArealet」です。もちろん、ココログの投稿ページだけでなく、他社のブログでも利用できます。

 以前のバージョンではうまく動かなかった別ウィンドウでの処理も、今回のバージョンで問題なく動くようになりました。

htmlArealet(IE用)
htmlArealet(Firefox用)

使い方は、

  1. 上記のリンクを右クリックして、お気に入りやブックマークに登録
  2. ブログの投稿ページなどを開いて、登録した「htmlArealet」をクリック
  3. 編集したいテキストエリアをクリック

これで、HTMLエディタが起動します。

 編集中は <> のアイコンでテキストエリアとHTMLエディタの切り替えができます。
HTMLの編集に慣れている方もプレビューツールとして利用できるので、サーバが重いときには便利だと思います。

お気軽にご利用下さい。
ご意見、ご要望などありましたら、コメント欄にどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

RSSで知らせてね

 RSSリーダーを使うようになってから、「このサイトもRSSの配信してくれないかなー」と思うことが多くなりました。

 はてなアンテナのような自動巡回もそれなりに便利ですが、ページの差分だけでは、その更新がどういう意味を持っているのだろうかと、頭の中でのちょっとした解析作業が必要になります。RSSに比べるとずいぶん可読性に欠けてしまうのが難点ですね。

 RSSを配信しないサイトの、配信しない理由を考えてみます。

  1. RSSの存在を知らない
  2. RSS作成・配信の方法がわからない。あるいは調べるのが面倒だ。
  3. RSS作成の手間が大きい・配信の効果が期待できない(費用対効果の問題)
  4. サーバへの負荷が心配だ
  5. サイトへの訪問回数が減るのではないかという疑念がある

 1はしようがないとして、2〜4なところは手軽にできるのであればやりたいってところはあるのでしょうか? 5に関しても、実験的に導入してみたいってところがあるかもしれません。

 というわけで、ASPタイプのRSS配信サービス実験を始めてみました。

 SiteNEWS

 表向きは、誰でも投稿できるウェブサイトの更新情報&つっこみ掲示板ですが、投稿された記事はRSSで取得できます。 そのRSSは、リンク先のURLと投稿者で記事を絞り込むことができます。
 サイト管理者は、自分が投稿した記事だけに絞り込んだRSSを自分のサイトで公開すればいいのです。

 ASPタイプなのでRSSのURLはSiteNEWSのドメインになります。
 記事の作成方法は、SiteNEWSのTOPページから記事にしたいページを検索して「クチコミ」として投稿するか、または、ブックマークレットが用意されています。
 ブックマークレットは、ブログのエントリに使われているものと同じ様な使い勝手です。 もちろん、ブックマークレットの方が手軽ですよね。

 非営利サイトでの利用は無料ですので、ブログ以外にサイトを運営されているという方は、気軽におためし下さい。
 実験的な運用ですので、営利サイトでもしばらくは無料で利用できます。 試験的に導入してみてはいかがでしょうか。

 記事の内容は、サイトの更新情報に限る必要はなくて、短信のメルマガがわりにも使えると思います。 ※本来のRSSの用途から外れるのかもしれませんが。。。

 どれくらいの需要があるかわかりませんが、百式「RSS変換」というエントリで、2004年はBlogの年であった。2005年はRSSの年となるであろう。とありますし、少しはRSS普及のきっかけになれると嬉しいですね。

 よろしければ、お知り合いのサイト運営者の方にもこのサービスを広めて下さいませ。サイト更新情報の登録サイトとしてもご利用いただけます。 <(_ _)>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Googleの翻訳機能

Googleに翻訳機能があったんですね。
なぜか、とんかつ屋さんのページ。
画像だけのページなので、日本語のページじゃないと判断されたのでしょうか?

Google 検索: まい泉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IPAX Spring2004

IPAX Spring2004に行ってきました。
このイベントでは未踏ソフトウェア創造事業に採択されたソフトが出展されており、有名どころでは、登大遊氏の「SoftEther」や「紙」の制作者である洛西一周氏が手がけるWebサイト制作ツール「NOTA」などがあります。

ところで、このイベントを見に行こうと思ったきっかけは「SoftEther」でも「NOTA」でもなく、Markletを連想させるこの写真でした。(本文はこちら)
これは、「Web Page Stickies」というシステムで、通常のブラウザから専用のプロキシサーバを介してWebページにアクセスすることによって、ページ下部に表示されたメニューからオリジナルのページに様々な修正を加えることができるというものです。ブラウザ側ではJavaScriptで制御を行います。

会場につくとすでにプレゼンテーションが始まっており、「Web Page Stickies」についてはあまり聞くことができませんでしたが、「MiDoc」というiPodを使ったドキュメント共有支援システムについて話を聞くことができました。iPodって音楽が聴けるだけじゃないんですね。
プレゼンテーション終了後、ブースのところでN氏にお話を伺いました。そこで教えてもらったことを、いくつかメモ。

・PDFはサーバーで画像に変換。(ImageMagic使用)
・XSSについては未対応。
・ページに配置するオブジェクトの位置は座標で管理。

ところで、せっかく足を運んだのに、デモ機にさわるのを忘れてしまいました。
N氏にインターネット経由で使えないか問い合わせてみることにしましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)