« May 2004 | Main | July 2004 »

Firefoxで複数サイト同時表示&自動更新ブックマークレット

みなさんはブラウザのウィンドウって、常に最大化してますか?

人によっては、最大化して使うことは馬鹿げている(何のためのウィンドウなのか)と考えるようですが、私は、ブラウザに限らずターミナル以外のウィンドウはたいてい最大化して使っています。それは、ウィンドウ内になるべく多くの情報を表示して、できればスクロールなどをせずに一目で見たいからです。タスクバーやキーボードでウィンドウを切り替えることには、それほど煩わしさを感じることもありません。それよりも、小さなウィンドウがスクロールバーを出して情報を隠していることの方がよっぽどストレスなのです。

そういうわけで、ブラウザを最大化していても滅多に不便を感じることはなかったのですが、あるサイトだけは不便だなーと感じることがありました。それは、リアルタイムに更新されるページで、似たようなページをいくつか同時に表示します。答えを言ってしまうと株価(チャート)を見ていたときのおはなしです。半年ほど前にネットでの株取引を始めたのですが、その頃は自分の買った株の値段が刻々と変化していくのがおもしろくて、暇さえあれば(無くても)何度もリロードして、株価をチェックしていました。

そのときに、いちいち銘柄毎にウィンドウを切り替えて(正確にはタブブラウザのタブなのですが)、リロードしなければいけないのがとても煩わしく感じられました。というわけで、そのときに作ったブックマークレット、1ページに複数のサイトを表示して、自動更新をしてくれるというものです。

複数サイト表示&自動更新

このブックマークレットを実行すると、行数と列数を尋ねられます。たとえばrowを1、colを2とするとページが左右に分割されて2ページ分の表示エリアができます。
テキストボックスがアドレスバーになっていますので、表示したいページのURLを入力して、goをクリックして下さい。
自動更新を行うにはtボタン(timerのtです)をクリックして、更新間隔(秒)を指定します。

※自動更新を行う場合は、くれぐれも対象サイトの迷惑にならない更新間隔にしましょう。

Firefox0.8で動作確認しました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

マーカーのずれ

紙の文章と違って、ウェブページのドキュメントはいつ書き換えられるかわかりません。
Markletで一番困るのが、マーカーを引いた後にページが書き換えられると、その位置がずれてしまう場合があることです。
そこで、マーカーを引いたときに選択した部分のテキストと、マーカーを再現したときのテキストを比較し、一致しないときには前者のテキストをコメントと一緒に表示するようにしました。
とりあえずこれで、ずれたことがわかるようになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スクリプト埋め込み型Trackback

Trackbackに対応していないページで、下のブックマークレットを実行します。
表示されたJavaScriptをそのページに埋め込むとTrackback対応ページになります。

TBスクリプト作成

で、こんなかんじになります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2004 | Main | July 2004 »